ためになることノート

ためになることを書いておきます。誰の?

ダイダロスについて調べてみた。(下町ロケット ゴースト)

下町ロケットが好きだ。

 

www.shogakukan.co.jp

 

最新作が7/20に出るらしい。ネットであらすじを読んだところ

今回の敵対企業はダイダロスというらしい。

佃社長には今作品でも頑張ってもらいたい。

 

ダイダロスという名前はテレビゲームをやっているとちょこちょこ出てくる

ので元ネタは何なのか調べてみた。

 

 

ダイダロスギリシャ神話の登場人物で工芸の名人、職人ということだった。

なるほど、エンジニアらしい会社名だ。

 

そしてロウの翼?羽?で有名なイカロスの父にあたる。

 

神話的にはダイダロスクレタ島の、ラビリンスの設計者で

ラビンリンスの秘密を守るために王様に塔に息子のイカロスと幽閉されたところを

人工の翼で脱出しようとしたということでした。

 

イカロスは太陽に近づきすぎて翼のロウが溶けて墜落死したが

ダイダロスシチリアまで飛翔し生還。

 

今回の敵対企業ダイダロスは下請け企業にイカロス的な会社があって

そこが神話のように耐熱設計に失敗する話の気がします。

 

そして下請けに設計責任を押し付けて神話のように逃げようとするところを

佃社長に成敗される。

 

という話に違いないと予想してこの本買ってみたいと思ってます。

 

上記の予想から勝手な予告編

 

佃社長「問題が起きたこの製品、イカロス社の設計になっているが要求仕様書で急所となる耐熱が要求される部品が性能の低いローコスト部品に部品指定されている。要求仕様書を出したのは御社であり、イカロスはそれに強引に従わせられた。無理なコストダウンの設計責任を下請けに背負わせる貴様らの姿勢は技術者として、絶対に許せん!

技術は背負わせるものじゃない、背負うものなんだ!」

 

ダイダロスの人「イカロスが勝手に飛んだだけだ、私は知らんよ。」

 

佃社長「飛ばせたのはあんただ!」

 

ダイダロスの人「なんだと!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

佃「なぁ、山崎。」

 

山崎「なんすか。社長。」

 

佃「ギリシャ神話のダイダロスって、墜落するイカロスをみていて

翼の設計を見直したんじゃねぇかな。」

 

山崎「そうすね。」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー